株式会社テクナレッジ

VBMan Control for RS-232C ver 4.00

製品の特徴

注1: ActiveX Template Library
注2: Microsoft Foundation Class. mfc42.dllなどの実行時ライブラリ

カスタム・メソッド

メソッド 概要
ClearBreak break状態の解除
CloseComm 通信ポートのクローズ
GetCTS CTS状態取得
GetDSR DSR状態取得
GetRLSD RLSD状態取得
GetRing Ring状態取得
OpenComm 通信ポートのオープン
RecvBinaryBytes VBのByte型データへ受信
RecvFile ファイルの受信
RecvString 文字列の受信
RecvUnicodeString Unicode文字列の受信
SendBinary バイナリ・データの送信
SendBinaryBytes VBのByte型データでの送信
SendBreak break状態の設定
SendChar 1文字送信
SendFile ファイルの送信
SendString 文字列の送信
SendUniCodeString Unicode文字列をラインに送信
SetDSR DSRラインを設定
SetRTS RTSラインを設定

カスタム・プロパティ

プロパティ 概要
VcAutoOpen ポートの自動オープン・クローズ
VcBaudRate 通信速度の設定
VcByteSize 通信データ・サイズの設定
VcCustomBaudRate 任意通信速度の設定
VcDeviceName 通信ポート指定
VcDTREnable DTRを設定
VcFileTransferPriority ファイル転送スレッドの優先順位指定
VcFlowControl フロー制御指定
VcInBufferCount 受信バッファにあるデータのバイト数
VcMode 通信モード指定
VcNullDiscard ヌル文字処理設定
VcNotifyRecvChar OnCommRecvイベント発生文字数
VcNotifyRecvOnly 受信通知に限定したイベント発生を指定
VcParity パリティビット指定
VcParityReplace パリティエラー時の置換文字
VcProgress ファイル転送の進捗
VcProtocol ファイル転送プロトコルの設定
VcRecvEventType 受信イベントのタイプを切替え
VcRecvQSize 受信バッファのサイズ
VcRecvTimeOut 受信タイムアウトの設定
VcRTSEnable RTSを設定
VcSendQSize 送信バッファのサイズ
VcSendTimeOut 送信タイムアウトの設定
VcShowErrorMessage ファイル転送中のメッセージ表示指定
VcStatus ファイル転送のステータス
VcStopBits ストップ・ビット指定
VcWatchPriority 通信イベント監視スレッドの優先度

カスタム・イベント

イベント 概要
CommError 通信エラーを通知
CommRecv 受信を文字列型で通知
CommRecvVar 受信をバリアント型で通知
CommSend 送信完了を通知
CommTransferEnd ファイル転送終了を通知

対応言語

以下の言語・開発環境にて動作確認済みです。(メーカーのサポート終了開発言語も記録として残しています)

対応OS

以下のOSにて動作確認済みです。(Microsoftのサポート終了OSも記録として残しています)

Note

販売価格